入院中の筋肉の衰えについて

自分がくも膜下出血で入院してた時なんですが、自分の場合は立つことすら出来ませんでした。入院して約2週間目以降から立つ、歩くリハビリを開始しました。結果的には器具無しで歩けるまで回復は出来たんですが、筋肉を使わないとホントに早くにダメになるという事を経験しました。入院して約2か月経過した位だと思いますが、外で歩くリハビリをしてるときにちょっとした坂を普通に登るだけで足が筋肉痛になりました。目の前にあるちょっとした坂を登っただけでですよ。これ、回復したから良かったものの、仮に麻痺とかで全く動かないまま過ごしていたら間違いなく、筋肉が無くなって全く立てなかったと思います。病気の障害のせいで立てないのではなく、筋肉が無くて立てないと言う意味です。人間が生活する上で普通の動作である、立って歩く、、、これだけでも筋トレになってるんだと思います。それと前にも書きましたが歩けない経験をすると二本足で立って直立歩行するというのは本当に凄いことだと思います。他の動物がほとんど出来ないと言う意味がわかりましたよ。ホントにね。でももうこんな経験はしたくないし、したい人なんていないでしょう!。

>PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ くも膜下出血へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です