通勤用のリハビリ(電車編)

社会復帰するために通勤のための電車のリハビリを家族に付き添って貰ってしてきました。自分の場合は休職期間満了により会社から首切られてるんですが自宅の小田原から横浜駅までの通勤を考えてます。前の会社が横浜駅でしたので一応前の会社に復職を考えてるからです。前の会社への就職がNGでも横浜駅周辺での再就職を考えてるので、最低でも横浜駅まで電車だけでも45分前後は乗れるようにならないとダメだと思ってるからです。こういう言い方は不味いかも知れないですが、同じ仕事(IT)でも都会とか横浜周辺と、小田原周辺で比べると単価が圧倒的に低いのです。田舎は!!!。平日の昼に取り敢えず横浜駅に行ってみたのですが、人込みが多くて平行感覚の障害に影響してだと思うんですが、クラクラ感が今までで一番酷いかも・・・。でもなんとか電車で横浜まで行って帰ってこれたので、最低限のノルマ?は出来たかなぁと自己満足しました。でもクラクラ感が相当あるので動きが遅かったり、歩きづらいとかがあるので、この状況で通勤して仕事(ITのソフト開発)出来るのか不安しかないなぁ・・・。しょうがないとは言え、社会復帰までの道のりが果てしなく長い。問題点を挙げればキリがない位ある。。。そもそも再就職出来るのかという所からのスタートです。くも膜下出血からの生還を思えば、相当いいほうだとは思ってはいますが、健常者の人から見たら歩いて出勤するのは当然な事なのでホントきついなぁ・・・。歩く所か立つことすら出来なかったこ頃を思えばいい方だとは思っても健常者の皆さんと比べるとどうしても・・・・って感情が出てしまいます。これって障害者としての自覚が足りないからですかねぇ(*´-`)。

>PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ くも膜下出血へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です