リハビリ時の片足立ちについて

自分がくも膜下出血になった時、自立歩行出来ず、立つことすら出来ませんでした。リハビリのお陰で立てるようになったのですが、リハビリメニューの中に片足立ちというのがありました。これ、子供の頃は学校とかでちょっとやった記憶はあるのですが、少なくても社会人になってからは一度もやったことなかったかもです。。。多分ですがこの片足立ちが出来る、出来ないとでは自立歩行に相当影響するかと思います。自分も立てなかった経験から言える事なんですが、立てない時は「なんで立てないんだろう?」から始まり、立つときに片足で重心を支えるとか、相当凄いことだったことに気づかされました。普通(健常者)の人は絶対わからないと思う。立てない状況になってから初めて自立歩行出来るのは凄いことだったと思わされました。そして片足立ちを30秒出来るかどうかで大分歩く感覚が変わった記憶があります。恐らく片足立ちを30秒以上出来ればかなり自立歩行出来ると思います(素人の判断なので間違ってるかもですが・・・)。同じような障害に悩まれたら、片足立ちを30秒出来る目標にするといいかもです。と経験者が語っておきます(*´-`)。

>PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ くも膜下出血へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です