平衡感覚障害を甘く見ていたのかも

くも膜下出血の影響で幾つかの障害持ちになりましたが、その中で平衡感覚障害ってのも持っています。障害内容としては書いてある文字通りですが平衡感覚がおかしくなる障害です。自分の場合はこの障害の影響で常に眩暈(クラクラ感)があります。でも健常者の方と同じ動作も出来るのでクラクラ感とかは仕方ないと思ってそこまで重く考えてませんでした。しかしよくよく考えると歩く場合もそうですが椅子に座ってるとき、どんなときでも人間の体は平衡を保ってるはずです。ですので駅とかで人が多い時に動作が遅くなってしまうのはこの平衡感覚障害も影響してるのかも・・・と今頃気づいてみました┐(´д`)┌ 。そもそもがくも膜下出血発病1か月位の時は座ってても体が片方に偏る・倒れ掛かるとかの動作になっていたので、この感覚ってのは「常」に機能していたはずです。そう考えると動作が遅くなるのもそうですが「常」に機能している平衡感覚機能は重要だ!とホント今頃感満載で思ってます。ハイ。今まで甘く見過ぎてたんだと思う。。。心を改めます。そして人間の体は凄いと思う。よく出来てる。

>PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ くも膜下出血へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です