脳卒中者の再就職について

いよいよ自分が目標にしてた再就職予定の日程が近いづいてきました。一応外見上は障害者とわからないかも知れませんがよく見ると動きが遅いとかがわかるレベルの障害持ちの再就職です。障害的には恐らく立ち仕事は厳しいです。後遺症は両手が常に痺れている。右半身の温痛覚がない。嚥下障害のリハビリはもうしてないけど〇〇流ら(会話しながらとか)で食べると結構な頻度で蒸せる。右半身は触る以上の事をするとその部位が痺れる。平衡感覚障害の影響でクラクラと常に眩暈がして歩くのも最近特によたよたになってるかも。。。と障害内容だけ聞けば引く内容だと思いますが、日常生活は痺れてても問題なく今まで通りできます。出来ない事は一応無いつもりです。しかし後遺症を考えると今までの経験上でITのソフト開発者に戻れないと他業種は無理な気がしてます。でも刻々と再就職予定時期が近づいてるので色々情報収集するとやはりきつい情報しか出てこないんですよね・・・。元々去年からずっと情報収集はしてましたが見たくないのはそのままページを閉じてました。。気持ち的に整理と言うか納得と言うか、信じたくないんでしょうね。仮に障害がなくても一度脳卒中経験者になると新規就労は厳しい。厳しいと言うのは今も通院している就職支援のリハビリ病院の先生からも聞いてたからです。きついなぁ。最近は調べた情報はちゃんと内容も見てるのですが脳卒中後の復職率は44%らしいです。ここでは復職ですら44%と言うことです。新規就労で障害手帳なしでの新規就労は間違いなく就職率は下がるでしょう。わかっちゃいたけどうーん・・・。厳しいとしか言えない。しかもそもそもがちゃんと働けるのかと言う疑問もあるはあるんですけどやるしかない!。

>PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ くも膜下出血へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です