障害があって不自由差の再自覚。

この前組み立て式ベッドを20年ぶり位に買い替えました。そして組み立て式なので家族に手伝ってもらって作りました。自分は障害の眩暈とかふらふらや歩きづらいのでしゃがみづらいとか、痛いとか歩きづらい等があるのでほぼサポート位しか出来ませんでした。作業的には2、3時間程度の簡易労働的な事ですが出来なかった。出来る感じもしなかったなぁ。正直こんなのも出来ないのかぁと言う気持ちになりましたね。見た目的には恐らく他人からは障害があるようには見えないかも知れませんが、肉体を使う作業や労働はやはりきついと言う再自覚をしました。もし一人暮らしだったと仮定したら恐らく組み立ても業者に依頼しないと出来なかったんだなぁと思う。何とも言えない心境だった。しかしこれが今の自分。今後はもっと出来るよう自己リハビリを頑張るしかない!と思いました。と書いてもただの独りよがりの日記になっちゃいますね。。。

>PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ くも膜下出血へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です